チェルラーブリリオ ビューティオープナー

チェルラーブリリオとビューティーオープナーの成分の違いは?

チェルラーブリリオとビューティーオープナーは似ていますが、成分に違いはあるのでしょうか。
ここではチェルラーブリリオとビューティーオープナーの成分の違いについて比較してみました。

 

まず主成分である卵殻膜エキスについてですが、チェルラーブリリオは96%、ビュティーオープナーは95%となっています。
チェルラーブリリオの方が若干多いということですね。

 

次に、ほかの成分はどうでしょうか。
チェルラーブリリオには、フラーレン、EGF、プロテオグリカンという3つの美容成分のほか、ムクゲカルスエキス、リンゴ果実培養細胞エキス、エリンギウムマリチムムカルス培養液という3つの幹細胞が含まれています。

 

さらにアロマ効果として、ノバラ油とイランイラン油が配合されています。

 

一方ビューティオープナーですが、卵殻膜エキスのほかにはローズマリー油、レモングラス油、ニオイテンジクアオイ油という天然エッセンシャルオイルが配合されています。

 

卵殻膜エキスについてはチェルラーブリリオもビューティーオープナーもほぼ同じですが、そのほかの成分についてはかなり差があります。

 

できるだけ美容成分をたくさん配合した美容液がいいという人はチェルラーブリリオ、卵殻膜エキスだけでいいという人はビューティーオープナーがおすすめです。

 

>>「チェルラーブリリオ 卵殻膜リフトセラム」公式サイトはこちら

 

>>【ビューティオープナー】公式サイトはこちら